プッシー・ライオット

c0166264_239438.jpg月曜日、ロシアのパンク・フェミニストグループ「プッシー・ライオット」の公判が始まった。

「プッシー・ライオット」は、覆面をして、厳寒の日でも夏用の派手なコシュチュームに身を包んで街角に現れては、女性の権利や体制批判の歌を歌ってきた。

報道によると、彼女たちは、プーチン批判の歌を赤の広場の教会で歌ったりしていたが、2月21日、オーソドックス教会の中に入り、“神聖な”説教壇にあがって歌を歌おうとして、3人が逮捕された。神への冒涜、というような理由らしい。

以来、10人ほどいる「プッシー・ライオット」は、地下にもぐり、外で見ることはできなくなった。

モスクワの地裁に出廷するため、久しぶりに表に出たプッシー・ライオットたち。支援者たちに、笑顔で応えた。裁判次第では7年間の懲役が科されるという。

さてプーチン君、君をひやかす歌を歌ったぐらいで、まさかこの女の子たちを7年間も監獄に入れたりしないよね。

ところで、プッシ―とは、pussy。女性の性器をさす英語。ライオットは、riotで暴動・反乱という意味だ。

http://www.guardian.co.uk/world/2012/jul/29/pussy-riot-protest-vladimir-putin-russia
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-19041458
http://freepussyriot.org/
◆Pussy Riot gig at Christ the Savior Cathedral (original video) http://www.youtube.com/watch?v=grEBLskpDWQ
[PR]
by bekokuma321 | 2012-07-30 23:12 | ヨーロッパ