アフリカ連合のトップに初の女性

アフリカ連合の代表に、南アフリカの、ドラミニ=ズマ内相が選出された。54カ国が加盟するアフリカ連合の行政・執行機関であるアフリカ連合委員会の委員長に女性が就任するのは初めて。

委員長に立候補した人は、現職で再選をねらうガボン出身のジャン・ピンと、ドラミニ=ズマ内相の2人だった。何回か投票が繰り返されたが、既定の票数を獲得できず、先日まで持ち越されていた。彼女は、54票中、37票を獲得した。

ドラミニ=ズマ内相は、アパルトヘイトに反対運動してきたANCメンバーだった。医師の資格を有する。初入閣は、1994年のネルソン・マンデラが率いる内閣に入閣した。現在の南アフリカのズマ大統領は、元夫。何人もの大統領の下で入閣を果たしている、最も長い大臣歴を持つ1人。

アフリカ連合の本部が置かれているエチオピでの首脳会議で決定した。アフリカ連合はEU欧州連合をモデルにした、国際機構。

■AU chooses Nkosazana Dlamini-Zuma as leader
http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-18846210
[PR]
by bekokuma321 | 2012-07-16 18:18 | アジア・アフリカ