ノルウェーの買春禁止法の問題

ノルウェーでは、セックスを金で買うことは法律で禁止されている。法は、人身売買の防止、性産業で働く女性数の減少、人々の態度に影響を与えることを目的に制定された。

しかし、オスロの社会問題部長(保守党)は、法律が施行されて以来、性産業で働く女性たちに対する暴力が増加しているとの報告が出され、法を見直すべきだと言う。NRKの報道。

「危険な密通」と題された報告書は、「プロセンター」という性産業で働く人たちを支援するオスロ市の団体から出された。国とオスロ市から予算が拠出され、24人の専門家が働く。

報告によると、性産業が地下にもぐって取引するようになり、性産業で働く女性たちはいっそう暴力にさらされやすくなったという。さらに、性産業で働く女性たちは、自分たちも違法になるのではないかと考え、助けを求めことを躊躇するようになっている。、また、信頼おける顧客は違法になることを恐れて離れていき、暴力的で面倒な客が残ると語っている。

「プロセンター」によると、オスロでこの3年間に、暴力の被害にあった性産業で働く女性は、全体の59パーセントに登る。しかも、その暴力は残忍で、しかも頻繁だという。

報告書のもとになった調査は、今年1月から3月まで性産業で働く女性123人に面談をして行われた。国籍は16か国に登り、そのうちタイ50人、ナイジェリア24人、ノルウェー人21人。

さて、世界有数の性産業都市東京は、オスロのものの数ではないだろう。

しかし、性産業に働く女性たちの現状を調査した、などは聞いたことがない。女性への暴力防止政策は進みだしたものの、もっとも暴力にあいやすい女性たちへの暴力には、まったく光があたっていない。

性産業に働く女性の立場にたった相談支援組織は民間にはある。しかし公的支援が少なく、緊急避難を受けいれるだけで精いっぱいだ。こうした調査に回る余裕はない。

◆Vil oppheve forbud mot sexkjøp
http://m.nrk.no/m/artikkel.jsp?art_id=18215781

■買売春、減らず
http://frihet.exblog.jp/17816528/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-06-25 01:57 | ノルウェー