アウン・サン・スー・チー

6月16日(土)オスロで、アウン・サン・スー・チーが、ノーベル平和賞のスピーチを行った。スー・チーは、ビルマ最大野党である国民民主連盟(NLD)党首。

受賞したのは21年前の1991年。自宅軟禁だった彼女に代ってノルウェーでの授賞式には英国人の夫(故人)と息子2人が代理出席した。

受賞スピーチから、気に入ったセリフを訳すと・・・。

「ノーベル賞は、自宅軟禁での孤独を打ち砕く助けとなりました」

「なぜあなたはビルマの民主主義のために闘うのかと聞かれたら、私の答えは、民主主義的組織と行動が、人権の確保に必要だと信じているからです」


■Aung San Suu Kyi accepts Nobel peace prize
http://www.guardian.co.uk/world/2012/jun/16/aung-san-suu-kyi-nobel-peace-prize
[PR]
by bekokuma321 | 2012-06-17 01:01 | アジア・アフリカ