環境問題に女性の視点を

c0166264_1355362.jpg6月19日、リオデジャネイロで開かれる「リオプラス20」のセミナー「男女平等と持続可能性」において、元ノルウェー首相グロ・ハーレム・ブルントラントが演説をする。

北欧諸国は、かねてから環境問題を男女平等の視点でとらえ、「イコール・クライメット」と称する組織で、北欧式ジェンダーと気候変動を推進してきた。ブルントラント元首相の演説は、その一環である。

「イコール・クライメット」によれば、気候変動は、女性と男性は異なった影響を与え、また女性と男性で異なった影響を受ける上で、ジェンダーに中立ではない。よって、気候変動に関する仕事はジェンダーの視点を入れ込んではじめて進展させることができる、とする。

女性と男性の生き方や態度、消費傾向は異なることが多く、また女性と男性で異なった環境フットプリントを残す。たとえば、車を運転する人は、どの国でも圧倒的に男性が多い。さらにたとえば、気候変動の影響を最も強く受けるのは、南の貧しい国であり、中でも貧しい女性を直撃する・・・。

つまり、男女の違い、そして社会的人的側面に焦点をあてることによって、応用技術、持続可能な発展を進めることができる。

ジェンダーの視点を取り入れないこれまでに「ジェンダーに中立な」戦略は、「ジェンダーを無視」したものになると、主張する。

日本でも、原発に関する世論調査は、男女による際立った違いを明らかにした。問題は、日本の政策決定に、女性は国も地方もわずかに10%しか女性がはいっていないことである。議会のみならず、審議会・協議会などもしかり。


■Equal Climate
http://www.equalclimate.org/
■女性の約7割、原発NO!
http://frihet.exblog.jp/17662842/]
■The United Nations Conference on Sustainable Development: Rio+20
http://www.unwomen.org/the-united-nations-conference-on-sustainable-development-rio20/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-30 13:59 | 北欧