オスロ大学、男子への加算点認めず

c0166264_13505491.jpg「徹底的な議論と調査の結果、オスロ大学は、男性への加算点を採用しないことを決定した」

ノルウェーのオスロ大学副学長インガ・ボスタInga Bostad(写真)は、こう述べた。

男性の加算点については、オスロ大学の女子学生が多い学部ーー心理、医学、歯学ーーなどで検討されてきた。先ごろ、男子が20%しかいない心理学部は、加算点採用を決定し、それをオスロ大学本部に提案していた。

ちなみに、ノルウェーでは、こうした措置を、「ジェンダーポイントKjønnspoeng」と呼ぶ。

今回、オスロ大学本部は、それに反対したことになる。大学が出した結論は、今後、政府の教育・研究省に報告される。

副学長は、やや、いらつき気味に、男子への加算点に反対の理由を次のように語った。

「何百年間にわたって、大学のすべての分野において女性が極端に少なかった時代があった。しかし、それを問題である、となどしてこなかった。現在でも、女子学生の数が圧倒的に多い科目がいくつもあるが、それが大問題だとされてはいない。今回の問題には、権威、金、パワーがからんでいるーーーそれを認識すべきである」

単に数だけの問題ではない、と言っているのだ。

ノルウェーは、世界で初めてクオータ制を実行した国だ。反対もあったが、女性をパワーの世界に、男性を家庭に参入させるため、涙ぐましい努力をしてきた(詳しくは 『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店))。その結果、政財界の男女平等はほぼ達成したかに見える。

しかし、今回の決定プロセスは、男女平等推進へのたずなをゆるめてはならない---という考えが依然として強いことを示している。

■UiO says no to gender points for men
http://eng.kifinfo.no/nyhet/vis.html?tid=80671

■女子が多い学部を希望する男子に加算点(上の記事は、こちらを読んでからのほうがわかりやすい)
http://frihet.exblog.jp/17926965/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-12 13:48 | ノルウェー