14歳の女の子の行動力

アメリカから、行動力あふれる女の子のニュース。

ジュリア・ブルームJulia Bluhmは、中学2年生で14歳になったばかりだ。バレーのクラスにやってくる女の子たちは、「脂肪が多い」「にきびだらけだ」「かすり傷がある」「私のからだはみにくい」などと、自分のからだの苦情を言う。彼女は、そんなクラスメ―トを「おかしいんじないの」と思っている。

さらに、彼女は、彼女の好きな雑誌『セブンティーン』が、まわりにいる女の子とは違う写真ばかりのせていると気づいた。完璧にきれいで、セックスオブジェクトに近い。加工している写真も多い。

そこで1月に一回は本物の女の子を載せてほしい、と『セブンティーン』にオンライン署名をしようと思い立った。そしたらなんと46000人の署名が集まった。

さらに、さらに、ニューヨークのセブンティーン本社前で、「本物の女の子」の写真だというデモをした。関心を持った大手メディアが、それを放映。セブンティーン編集長は、彼女と母親を会社に招いた。そして、ついに、5月号には・・・。

■A Real Girl, 14, Takes a Stand Against the Flawless Faces in Magazines
http://www.nytimes.com/2012/05/04/nyregion/seventeen-magazine-faulted-by-girl-14-for-doctoring-photos.html?_r=2&src=ISMR_AP_LO_MST_FB
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-11 21:22 | USA