虹の民 MY RAINBOW RACE

アメリカのピート・シ―ガ―が、、「虹の民 MY RAINBOW RACE」を歌って、ノルウェー人にささげた。

今、オスロでは、イスラム教徒やフェミニストはノルウェー国家を滅ぼす、との妄想から大量殺人を犯したブレイビク容疑者の裁判が開かれている。ブレイビクは、ノルウェーで70年代大流行したこのフォークソングを、「マルクス主義を洗脳する歌だ」と、法廷で証言した。

それに怒った2人の女性が、「それなら、その歌をもう一度みんなで歌おう」と企画。フェイスブックで呼びかけた。それこたえて、オスロ市内に4万人が集まった。みんなで、この「マルクス主義者の歌」のノルウェー版を歌った。歌声は、排斥主義と暴力に対する、反撃となった。

5月3日、ニューヨークのBeacon Slop Club のインフォーマルな会場。その詩を作ったピート・シ―ガ―自身が、ノルウェー人のために、自ら歌ったという。この日は、彼の、93歳の誕生日だったとか。

日本の社会でも、この歌をもういちど歌いたい。日本は、外国人に何十年住んでいても地方参政権すら認めてない。日本は、結婚してない夫婦から生まれた子どもを、「非嫡出子」とレッテルで差別して平気な顔をしている。日本は、同じ会社で同じ仕事をしていても、非正規雇用の名のもとに、給料は半分、育休すらとれない身分の女性がたくさんいる・・・。

ブレイビク容疑者が、理想とする国のひとつ、それが日本なのだそうだ。


MY RAINBOW RACE

Chorus:
One blue sky above us
One ocean lapping all our shore
One earth so green and round
Who could ask for more
And because I love you
I'll give it one more try
To show my rainbow race
It's too soon to die.

1. Some folks want to be like an ostrich,
Bury their heads in the sand.
Some hope that plastic dreams
Can unclench all those greedy hands.
Some hope to take the easy way:
Poisons, bombs. They think we need 'em.
Don't you know you can't kill all the unbelievers?
There's no shortcut to freedom.
(Repeat chorus)

2. Go tell, go tell all the little children.
Tell all the mothers and fathers too.
Now's our last chance to learn to share
What's been given to me and you.
(Repeat chorus one and a half times)

Words and Music by Pete Seeger (1967)
(c) 1970 by Sanga Music Inc.

■Sendte «en himmel full av stjerner»
http://www.nrk.no/kultur-og-underholdning/1.8125238

■日本語の訳詩はこちら
http://7of3rise.blog82.fc2.com/blog-entry-97.html

◆4万人の歌で暴力行為に逆襲
http://frihet.exblog.jp/17895292/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-09 14:31 | ノルウェー