橋下市長、女性記者に「ここに来るな」

c0166264_11414962.jpg大阪の橋下市長が、女性記者をDV男性調で罵倒した。

5月8日、橋下大阪市長の登退庁時の囲み取材で、質問者は、「毎日放送の斎加です」と自己紹介して、市長に、教育現場での「起立・斉唱命令」について聞いた。

彼女を見下すような目で見て、指さして攻撃し、どんどん大声になり、罵倒調に変わってくる。「何の取材に来ているんですか」「勉強不足なのはみなわかっている」「まず、答えを言え」「命令を読めばわかる」・・・。激高して、「ここに来るな」「ふざけた取材すんなよ」と命令し、「あなたみたいなトンチンカンな記者」と、誹謗中傷する。

それでも斎加記者は、教育への不当な政治介入ではないか、と負けずにファイトバックする。しかも冷静に。それに対して橋下市長は、質問者の言葉尻をとらえて逆に質問しかえして、相手をこらしめる。質問に答えることが厭な時、逃げたい人が、よくやる手法だ。実は、これによって、質問者は、相手が答えたくないテーマなんだ、とわかる。

終わりのほうで、「僕らは、どんな法学者から何を言われても、緻密に緻密に破たんしない論理を組み立ててきたんだから」と、白状した。なるほど。

下の映像で、橋下市長の横柄で横暴な言動や、記者をなめきった態度がよくわかる。橋下市長は、記者の質問に答えず、「教育行政は教育委員会だ。教育委員会に聞け」と逃げている。権力側に不利な場合、言いがかりをつけて削除を要求する可能性が高い。早く見たほうがいい。

http://www.youtube.com/watch?v=3OKlJeer0PQ&t=0m45s

関連記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120508-00000008-jct-soci
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-09 10:55 | その他