ノルウェーの自治体、物乞いの人たちにシャワー付トイレ新設を決定

ノルウェーのクリスチャンサン市議会は、物乞いする人たちにシャワー付トイレを提供することを、賛成多数で決定した。

「非常に多くの物乞いが町にいる。トイレやシャワーを作るのはいいことだ」

「トイレとシャワーが提供されると、さらにもっと物乞いが増えてしまう」

これらは、町の市民の声で、議会同様賛否を二分している。お年寄りたちは、物乞いする人たちのそばを通りすぎて買い物に行くことがいやなため、どんなに近くてもタクシーを使う人が増えているという。

市議会では激論がかわされた。その結果、28対25の僅差で、決定を見た。毎年550万円ほどの市の予算が使われることになる。

キリスト教民主党、労働党、自由党は賛成。保守党と進歩党が強硬に反対をした。保守党の市長は反対だが、「ドラッグなど犯罪問題が心配。とはいえ貧困問題には国際的観点も必要」と語った。キリスト教民主党の副市長は賛成。

ボランティア団体が、清潔を保持することを条件に、議案は決定をみた。クリスチャンサン市は、ノルウェー南部に位置する人口約8万人のまち。古くからの港湾都市。

失業率が少なく、世界有数の豊かな国ノルウェーにやってくる外国人は多い。東欧、ロシアやアフリカ、アジアから・・・。中には、数年働いて失業手当の受給権を得て、離れる例もあるという報道もある。ノルウェーではかつて物乞いは禁止されていたが、現在は合法。

EU圏の広がりとともに、物乞いを装った組織的犯罪集団ーーブルガリア、ルーマニアからが多いというーーも増えているとか。ソーシャル・インクル―ジョンを国是とする同国にとって、重要だが、悩ましい政策課題のひとつである。

それにしても、人口8万人ほどの自治体の議会に、この記事に現れているだけでも、右から左まで5つもの政党から代表が選ばれていることを、限りなくうらやましく思う。多様なイデオロギーを持った人たちの代弁者を、決定の場に送れる仕組みーー比例代表選挙制度ーーがあるからなのだろう。どの政党も候補者の約半分を女性にしているから、当然女性議員も多い。53議席のうち21議席が女性だ。


■Sterke reaksjoner på tiggerbrakke
http://nrk.no/nyheter/distrikt/sorlandet/1.8077342

■Norway to expel foreign beggars
http://www.thelocal.no/page/view/norway-to-expel-foreign-beggars

■Valg2011_Kristiansand
http://www.nrk.no/valg2011/valgresultat/kommune/kommune/1001/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-08 16:12 | ノルウェー