イギリスでフェミニストブーム

c0166264_0253061.jpgイギリスのガーディアン紙によると、今、イギリスで、新しいフェミニストグループが雨後の筍のように出現しているという。

意味深なポーズをとった女性の裸の描かれたマグカップが売られているのを、「許せない」と怒った10代の女の子や男の子たちのグループ。

女性は性の対象物ではない、と反対する「Object 対象」というグループ。

ロンドンオリンピックで働く男性労働者のために、イーストロンドンには人身売買をされた女性たちが増えている。性的搾取反対の声を届けるため、4月22日のロンドンマラソンで、走るグループ。

売買春は搾取である、売買春をなくせと要求する、「Demand Change 変化を要求」というグループ。

女性を大空の下で、プラカードを持ったり、笛を吹いたり、マーチをしたりと、直接行動をする点が特徴だ。元気あふれる若者が多いが、決まった型にはまりきれない、若者、年寄り、男女、都会人や田舎人など、さまざまだ。

昨年、爆発的にはやった、強姦被害者に対する扱いに怒ったSlutWalksも、この流れかもしれない。フランスでマドモアゼル禁止を勝ち取った「あえてフェミニズム」も、そうだ。

権威的でなくて、軽やかな運動スタイルがいい。

海の向こうの話だが、ちょっとわくわくしてくる。ネットでキャンペーンや行動を知らせるグループがほとんどなので、ネットを見るだけでも楽しい(↓)。

http://www.object.org.uk/
http://www.gofundme.com/gw844
http://ukfeminista.org.uk/
http://www.whiteribboncampaign.co.uk/index.htm
http://www.demandchange.org.uk/
http://www.guardian.co.uk/world/2011/may/09/slutwalking-phenomenon-comes-to-uk

■Feminists hail explosion in new grassroots groups
http://www.guardian.co.uk/world/2012/apr/09/feminists-hail-explosion-grassroots-groups
■スラット・ウオークslut walk
http://frihet.exblog.jp/16459578/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-04-11 00:17 | ヨーロッパ