モロッコの少女、強姦加害者と強制結婚

モロッコで、16歳の少女が強姦された。少女はその強姦魔と結婚させられた。少女は耐えきれずに自殺した。

モロッコの刑法475条は、男性が子どもを強姦しても、結婚すれば違法とならないと解釈されている。それを使って刑罰を逃れようととする強姦者が絶えないという。長年、フェミニストたちは刑法改正をもとめてきた。


■Suicide of Moroccan girl reportedly wed to rapist spurs outrage
http://latimesblogs.latimes.com/world_now/2012/03/moroccan-girl-suicide-marry-rapist.html
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-16 02:27 | 中東