女性ゼロ議会の阿波市・吉野川市を訪ねて

c0166264_2218716.jpg
3月9日、阿波市を訪問。市長室で野崎國勝市長(最奥)隣席のもと、「女性ゼロ議会」から脱出してほしいという「3.8国際女性デ―特別決議」を受け取ってくれた。徳島県トップの農業産出額を誇るという阿波市。市長は「安全安心」の町だと語った。その市政に人口の半分を占める女性の声が反映したら、本当の意味で安全安心の市になるだろう。女性枠を設ける条例を検討中の松永わたる議員も同席した(左側中央)。

c0166264_2221243.jpg
 次に吉野川市を訪問。市庁舎の和室で、「3.8国際女性デ―特別決議」を、行政担当者に読み上げる、高開千代子(右手前)、諏訪公子。担当の部長、課長、係長が真剣に耳を傾けてくれた。しかし、まさに3月8日、国際女性デ―の日、徳島新聞に「審議会にもっと専業主婦をいれろ」と言った県議の記事が出たため、それに影響されているようだった。「女性はまだ家にいて家を守っているのが・・・」と、いうような発言も課長の口から出た。

■阿波市、吉野川市への「女性ゼロ議会」脱出要望訪問記はこちらもどうぞ
http://frihet.exblog.jp/17642299/
3.8 国際女性デ―集会での特別決議は、上のMoreを
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-13 22:40 | その他