暴力の恐怖を生き延びた女性

2012年フレドリッケ賞は、アンナ=グレーテ・ソルベーグAnne-Grethe Solbergに決まった。

アンナ=グレーテは、社会学者であり経済学者でありコンサルタントだ。それよりも、彼女を偉大ならしめているのは、夫からの暴力を世間に公にしたことだ。女性への暴力をはっきりと口にし、タブーを打ち破ったのだ。

6年前、前夫からショットガンで撃たれ、左腕とヒップに重傷を負った。12回にわたる手術。3カ月の入院。死ととなりあわせの絶望の日々を送り、生き延びた。しかし左腕を完全に失った。

彼女は、昨年7月のウトヤ島での無差別襲撃事件で重傷を負った人たちに、殺人者からの恐怖を乗り越えた自分の経験が役立つと、手を差し伸べた。「必要なことがあれば何でも言ってください」と。

「悪夢から逃げるな、すべてを思い出し、恐怖を口に出せ、外に出すのだ。悲しみや怒りの感情を遠ざけてはいけない」と。悪夢は完全になくなることはない。あなたの人生は事件前とは変わったのだ。そうして、もうひとつのドアを開けよ。前とは異なる別の人生に一歩進めるのだ、と語る。

フレドリッケ賞は、フレドリッケ・マリエ・クヴァムを記念した賞。彼女は、19世紀、「全国女性参政権獲得協会」代表として、またスウェーデンからの独立運動家として類まれな指導力を発揮した女性だ。(詳しくは、『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店) p57-63)

■Fredrikkeprisen til Anne-Grethe Solberg
http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/Fredrikkeprisen-til-Anne-Grethe-Solberg-6770857.html
■Ta imot marerittene
http://www.nettavisen.no/nyheter/article3197395.ece
■Fredrikkeprisen til Shabana Rehman
Gaarderhttp://www.aftenposten.no/kultur/Fredrikkeprisen-til-Shabana-Rehman-Gaarder-5319096.html
■Norske Kvinners Sanitetsforening
http://www.sanitetskvinnene.no/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-02-28 02:06 | ノルウェー