女性労組存続の危機

「女性労組がピンチ 雇用悪化、組合費払えない」

共同通信「ウーマンアイ」のスクープ。

働く女性の権利を守ってきた東京の女性労働組合が、活動休止の瀬戸際に立たされている。雇用悪化が東日本大震災の後さらに深刻になり、収入が減った女性たちが組合費を払えなくなっているためだ。収入の低い女性が財政難の組合を支える構造は他の女性労組も同じ。「労組の助けが必要な女性が増えているのに、応えられない」という訴えは深刻だ。

(続きは、リンク先からどうぞ)
http://www.47news.jp/feature/woman/womaneye/2012/02/post_20120213202343.html

■共同通信「ウーマンアイ」は女性の視点にたったニュースを配信している。
womaneye@kyodonews.jp
[PR]
by bekokuma321 | 2012-02-14 09:55 | その他