ノルウェー内閣を支えるアドバイザー

アフテンポステン紙は、現内閣を支える政策アドバイザーには、私企業で働いた経験のある人が少ないと批判する。

「肉屋、大工、開業医、教員、農業……これは、大臣の任命する政務アドバイザーが、かつて経験した職業である。しかし、前内閣よりも、一般的な職業、とくに私企業で働いた経験のある人は少なく、政党内、組合、社会研究機関などの経験者が多い。」

お肉屋さん、大工さんをしてた人が、政界のトップに近いポストで仕事をしている! 「すごい」と、のけぞってしまうのだが・・・。しかし、アフテンポステン紙の記事は批判的に続く。

「大臣の多くは、政治家としての職務の長い人が多く、社会の一般的職務経験が少ないため、その分野にうとい。だから、政務アドバイザーには多様な職業の経験者が望ましい。」

右派の進歩党党首シーヴ・ヤンセンは「プロの政治家が多い傾向は、病気です」と辛辣に批判した。一方、現政権の支持団体である連合LOの代表Roar Flåthenは、「現内閣の政策アドバイザーの構成は批判には値しません。でも多様性は大切です。多様な職業経験を持つ人を登用することは重要です」と、歯切れがよくない。

ノルウェーの政党は、国会・地方議会議員選挙の際、候補者リストがいかに多様性に満ちたものかになるかに心を配る。まず一方の性に偏りがないか、だ。そして、職業に偏りがないか、年齢に幅があるか、選挙区のさまざまな地区から選ばれているか……。

ノルウェー世論は、議員ばかりではなく、政務アドバイザーも、多様性を望んでいるらしい。多様性、ノルウェー語でmangfold--が、キーワードだ。いいことだと思う。

ちなみに、現内閣は労働党、中央党、左派社会党の3党による中道左派連立内閣。大臣の半分は女性だ。

■Få rådgivere har hatt en normal jobb
http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/Fa-radgivere-har-hatt-en-normal-jobb-6750229.html#
■Flere yrkespolitikere er et sykdomstegn
http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/-Flere-yrkespolitikere-er-et-sykdomstegn--6750268.html
[PR]
by bekokuma321 | 2012-01-30 01:34 | ノルウェー