フィンランド大統領、女性から男性に

次期フィンランド大統領は、保守派の国民連合党男性サウリ・ニーニスト(Sauli Niinistö、63歳)の当選が予想されている。サウリ・ニーニストが就任すると、同国では55年ぶりの国民連合党出身の大統領だという。

1月22日(日)が大統領選挙だが、11日から事前投票がおこなわれている。

現フィンランド大統領は、同国初の女性大統領で、フィンランド社会民主党のタルヤ・ハローネンTarja Halonen 。きさくな人柄で、人気は高く、一時、支持率88%を超えたこともある。

タルヤ・ハローネン大統領は、女性の人権に非常に熱心で、国際的な女性のイベントに頻繁に出席し、女性たちを勇気づけてきた。LGBT人権活動家でもある。

2010年から2011年まで首相もマリ・ヨハンナ・キビニエミという女性だったため、フィンランドは、一時、大統領と首相の2人とも女性の国だった。

個人的にタルヤ・ハローネンの大ファンなので、とても残念。
[PR]
by bekokuma321 | 2012-01-15 23:44 | 北欧