インド、女性割り当て法案ならず

1月3日、ニューヨークタイムズによると、インド下院は、国会の議席の3分の1を女性に割り当てる憲法改正法案Women’ s Reservation Billを、否決した。

2010年3月、13年間の議論を経て、インド上院は、女性割り当て法をほぼ全会一致で可決した。多くの女性団体が運動の勝利と祝った。

法の施行には、下院での賛成が得られなければならず、このたび下院が否決したことで、審議にはまた1年待たなくてはならない。下院は99%が男性である。

インドの地方選 (panchayati)では女性のクオータ制が施行されている。女性であることの障害は多いものの、女性議員は増えている。女性議員は、男性議員に比べ、健康保健や教育問題を優先課題にする傾向があるという。

めげるな、インドの女たち!

http://www.feminist.org/news/newsbyte/uswirestory.asp?id=13398
http://www.nytimes.com/2012/01/04/world/asia/04iht-letter04.html
[PR]
by bekokuma321 | 2012-01-07 00:56 | アジア・アフリカ