嶋田ミカさん、雇止めを撤回させ職場復帰へ

嶋田ミカさんの支援グループから吉報が届いた。嶋田さん、最高のクリスマスプレ
ゼントですね。

「2011年12月22日、京都地裁で大学側との和解が成立したことをご報告します。
必ずしも嶋田さんの要求のすべてが反映された内容ではありませんが、これまで
裁判で求めてきた『雇止め解雇撤回』と『職場復帰』は勝ち取ることができました。
有期雇用に厳しい司法判断を考えると、大きな成果だと思います」

嶋田さんは、龍谷大を2010年3月に雇い止めになった。7月、龍谷大を相手取って
地位確認と、4月以降の給与相当額の賠償などを求める訴訟を京都地裁に起こした。

嶋田さんは、2007年4月、龍谷大経済学部の「サービスラーニングセンター」の運営
のため、特別任用教員助手として採用された。

しかし、2009年6月、「契約期間終了」として契約を更新しないという説明を受けた。
実際は、採用時に「通例1回は更新される」という説明を受けていたにもかかわらず、だ。
嶋田さんは、「雇用継続の期待があり、雇い止めは解雇権の乱用」と主張していた。


■「嶋田ミカさんの雇用継続を求める会
http://skoyokeizoku.jimdo.com/
■嶋田ミカの雇い止め日記
http://skoyokeizoku.blog130.fc2.com/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-12-24 12:39 | その他