共和党ケイン、米大統領への立候補断念

アメリカのピザチェーン会社社長で政治家ハーマン・ケインは、「大統領への立候補を保留します」と宣言した。彼は、オバマ大統領に対抗する、共和党の有力候補とみなされていた。

彼の言い分は、セクシャル・ハラスメントに加え、長年愛人関係にあったという“虚偽”の訴えにより、家族が苦しめられ続けているから、というものだ。

アトランタの実業家ジンジャー・ホワイトが、「14 年間、愛人関係にあり、(彼が大統領立候補宣言の直前)8カ月前まで続いていた」と告白。関係が始まったとき、彼女は未婚だった。しかし、彼は既婚だったため、「不適切な関係だとわかっていた。しかし、退屈な日常から離れられ、エキサイティングだった」と心情を吐露した。ラスベガスに旅行をしたり、プレゼントも続いたという。

彼女が公開にふみきったのは、大統領選へのプロセスにおいて、彼からセクシャルハラスメントを受けた被害女性たちの訴えをうそつきよばわりした彼の言い分を知ったことや、薄汚くメディアで報じられる前に自分の言葉で事実を言うべきだと考えたからだ、という。すでに、二人の間の膨大な電話通信記録がメディア側にわたっている。

それに対して、ケインは、ジンジャー・ホワイトと長年知り合いであることや、妻に知らせず彼女の家賃など生活費の一部を援助していたことを認めた。しかし、そうした関係にあることは認めなかった。

報道によると、彼からセクシャル・ハラスメントをされたという女性は、何人もいる。実名を出した4人目の女性は、失職したばかりのときで、彼の性的嫌がらせに拒否する反応をしたら、彼は就職をほのめかしたという。彼は、全米レストラン協会会長だった。

一方、彼は、女性たちを「嘘つきだ。そんなことは絶対ありえない。していない。いやがらせキャンペーンだ」と批判したと報道されている。

http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-16019624
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-15931959
http://www.myfoxatlanta.com/dpp/news/ginger-white-claims-affair-herman-cain-20111127-es
[PR]
by bekokuma321 | 2011-12-04 10:36 | USA