エジプト革命後の女性の権利

ノルウェー国営放送NRKは、20歳のエジプト女性がヌード写真をネットに載せたことをきっかけに、エジプト社会の女性問題を掘り下げて記事にしている。

それによると、エジプトの女性の実態は都会と地方で大きな格差があり、全体として多くの女性は、依然、目を出すだけのベールで身を包んでいるという。

2009年6月、選挙法が改正され、下院のみ女性クオータ制が導入された。64議席を女性のみに割り当てるという「リザーブ方式」だった。2010年の選挙結果、下院は全512議席中、女性は65議席で13%を占める。

しかし、ムバーラク政権が倒れた後、エジプト軍最高評議会は、女性だけのリザーブ方式を廃止。候補者リストに少なくとも1名の女性を載せるという方式に変えた。

しかし実態はどうか。女性候補はリストの下のほうに載るのが普通で、宗教色が最も強い保守政党は、女性候補を載せたものの女性の顔を表に出すことを禁じているため、女性候補の代わりに花を入れていると、NRKは報道する。

軍政から民政への移行を要求するデモも盛んで、政治状況がどう変わるか不明だ。

おりしも、エジプトの国政選挙が始まった。結果しだいでは、女性の権利がどう新憲法に生かされるのか、女性活動家たちも予想がつかない事態のようだ。

こうしたエジプト社会に、20歳女性のヌード写真による抗議を受け入れる素地があるとは、とても思えない。一方、女性の裸を最大の獲物として狙っているネット社会、社会に蔓延する性の二重基準など…複雑にからみあう。

■Her kaster israelske kvinner klærne til støtte for egyptisk nakenblogger
http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7889485
http://www.quotaproject.org/uid/countryview.cfm?CountryCode=EG
[PR]
by bekokuma321 | 2011-11-28 13:10 | 中南米