ボン会議にアフガン女性の声を反映させる署名

c0166264_112791.jpg12月5日、ボンで開かれる国際会議に向け、アフガニスタンの女性団体「緑の連帯スカーフ」が動いた。

ボン会議は、90カ国の外務大臣を含む1000人規模の参加者が、海外軍のアフガニスタン撤退後の支援について話し合う、、大規模の国際会議だ。

こうした国際会議は、通常、政治家や官僚、またロビー団体を通じて、事前に会議の方針や流れが決定される。会議団への参加者も、すでに決定されている。しかし、そこに女性の権利擁護は反映されるのか? 現在の情勢からは望みが薄い。

そこで、「緑の連帯スカーフ」は、会議の決定のなかに女性の権利擁護を入れるよう、国際署名運動を展開しようとしている。

■As troops plan their exit, ‘Green Scarves’ seek safety – and a voice – for Afghan women
http://www.theglobeandmail.com/news/world/worldview/as-troops-plan-their-exit-green-scarves-seek-safety-and-a-voice-for-afghan-women/article2241270/
■Green Scarves for Solidarity – Photowall
http://ch16.org/afghanwomen/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-11-22 09:14 | アジア・アフリカ