さらなる男女平等を進める提言

c0166264_9473121.jpg11月15日、ノルウェー政府の平等委員会から男女平等に向けての新しいレポートが子ども・平等・社会相に提出された。

平等・反差別オンブッド(政府とは独立した国家の推進機関)をとくに喜ばせたのは、男女平等推進への予算の拡大、とりわけ、財政的余裕のない人が簡単に差別から逃れたり、法廷に提訴できたりするようにするための財源確保の提案だ。

また、ノルウェーを5地域にわけ、それぞれの地域ににおいて男女平等推進をするという提案も新鮮味がある。それに、1年間2億クローネ、10年間かけるよう提案している。

委員長は、オスロ大学教授のHege Skjeie。

■Struktur for likestilling
http://www.regjeringen.no/pages/35855059/PDFS/NOU201120110018000DDDPDFS.pdf
http://www.ldo.no/no/Aktuelt/Nyheter/Arkiv/Featured-news/--Gode-og-naudsynte-likestillingsgrep/
http://kvinner.hegnar.no/nyheter/article9312.ece








[More]ノルウェー政府の平等委員会による男女平等への新提案

●国立男女平等機関を全国5地域に創設
●地方の男女平等推進10カ年計画
●企業ならびに公務職場の雇用主に男女平等を積極的に推進させる法的責務を明記
●男女平等法や関係法にふれる複合的差別の禁止
●平等・反差別オンブッドを継続強化し、オンブッドの仕事を平等推進力として周知させる
●オンブッドの監督を強化
●平等・反差別審判(tribunal)を強化し、差別事件への慰謝料を増やす
●子ども・平等・社会省や関係機関との連携委員会
●子ども・平等・社会省、労働関係パートナーとの男女平等フォーラム

以上の中で、私が注目したのは、3番目の「企業ならびに公務職場の雇用主に男女平等を積極的に推進させる法的責務を明記」である。

■Vil ha direktorat for likestilling
http://www.aktuell.no/NTL-magasinet/article5808716.ece
■Vil ha opplysningsplikt om lønn
http://www.aktuell.no/NTL-magasinet/article5800087.ece
(こちらは1週間ほど前に出された政府の「2014年までの男女平等行動計画」)
[PR]
by bekokuma321 | 2011-11-16 00:54 | ノルウェー