子どもの強制労働

180万人以上の子どもが、象牙海岸とガーナのココア・プランテーションで働かされていることがわかった。超低賃金の長時間労働であるだけでなく、木を切るときのナイフによる手足の負傷、化学薬品散布時の健康被害など、毎日、命の危険にさらされている。

背景には、西アフリカの貧困家庭の存在がある。多くの家庭は、プランテーション雇用主へ子どもを売り捨てるのだという。雇用主は逃亡を防ぐために年に1度しか賃金を払わないことが多く、虐待も数多いとされる。ILO条約違反の犯罪的行為である。

以上は、「ココア産業における最悪の形態の子ども労働撤廃プロジェクト」からのニュース。ニューオーリンズのチュレーン大学におかれたプロジェクトで、アメリカ政府労働省の助成を受けて調査プロジェクトを開始。

チョコレートやココアを買う時この恐るべき事実を思い起こすことーー私たちにできる最初の一歩……。

■Oversight of Public and Private Initiatives to Eliminate the Worst Forms of Child Labor in the Cocoa Sector in Cote d'Ivoire and Ghana
http://www.childlabor-payson.org/Tulane%20Final%20Report.pdf
http://www.childlabor-payson.org/
http://www.prnewswire.com/news-releases/bitter-chocolate-new-report-on-child-labor-in-cote-divoire-and-ghana-offers-further-evidence-that-hershey-cocoa-industry-are-failing-to-address-abusive-child-labor-and-human-trafficking-104107313.html
http://www.slavefreechocolate.org/index.html
[PR]
by bekokuma321 | 2011-11-12 12:11 | アジア・アフリカ