リベリアの大統領、再選される

リべリアの大統領選で、現役大統領のエレン・ジョンソン・サーリーフEllen Johnson Sirleafが90%の支持を得て再選された。しかし、投票率は非常に低かった。

エレン・ジョンソン・サーリーフは、アフリカ大陸の公職選挙史上、初の女性の大統領である。長い紛争を民主的に解決しようとした功績が讃えられ、今年のノーベル平和賞に選ばれた。

しかし、ノーベル賞は、リベリア国内の人々にはポジティブな影響よりも、ネガティブに響いた面があったようだ。今回の大統領選では長く大統領職にあったウィリアム・タブマンの甥で国連外交官が対抗馬として立候補。彼は、ノーベル賞を「内政干渉だ」と批判していた。さらに、今回の大統領選を「不正選挙」だと攻撃した。

http://topics.nytimes.com/topics/reference/timestopics/people/j/ellen_johnson_sirleaf/index.html
http://www.guardian.co.uk/world/2011/oct/09/ellen-johnson-siraf-nobel-liberia
[PR]
by bekokuma321 | 2011-11-11 12:05 | アジア・アフリカ