女性の地位向上は男性の育児参加と車の両輪

c0166264_23584772.jpgノルウェーの子ども・平等・社会相が本を出した。『自由、平等、そしてパパ』(仮訳)。

彼の名は、アウドゥン・リースバッケン。男女平等をすすめる国の男女平等の旗振り役だ。左派社会党のエースでもある。4か月間、育児休業をとって子育てに専念した自らの経験をもとに書いた。

フルタイムの親業体験をもとに、彼は「女性の賃金や地位の向上をすすめる男女平等政策は、男性がもっと子どもや人の世話にかかわる政策と車の両輪である」と確信したという(ノルウェー紙)。

本のタイトルは、『自由、平等、兄弟愛 Liberté, égalité, fraternité』というフランス革命のスローガンを、もじったものだ。兄弟愛 fraternitéが、父親らしさfarskapに言い換えられている。

さらに彼は、来年から育児休業を男女に共通に12週間ずつとし、残りの20週間は2人で分ける法案を出すという。「パパ・ママ・クオータ」とひとまず訳してみよう。「男女平等は三位一体で」と語っている。

ノルウェーは、今夏、パパ・クオータを12週間に延長し、国内外を驚かせたが、今度の「パパ・ママ・クオータ」も仰天ものだ。反論も多い。しかし、ひとりでも多くの人が社会と家庭で平等にすごせるようにと、改革のたずなをゆるめない姿勢に頭が下がる。

アウドゥン・リースバッケンのサンボーはSiv Mjaaland 。シ―ヴは前夫(前サンボー)との間に息子レオン君(10歳)がおり、リースバッケンは娘オーロラが生まれる前に父親(義父)であったという。

■Mer likestilling med tredeling
http://sv.no/Forside/Siste-nytt/Nyhetsarkiv/Mer-likestilling-med-tredeling
■Slik blir den nye foreldrepermisjonen
http://www.dagbladet.no/2011/10/25/nyheter/audun_lysbakken/politikk/innenriks/likestilling/18750746/
■Lysbakken har gjort et mageplask
http://www.nrk.no/nyheter/norge/1.7400059
■Blir pappa i juni
http://www.ba.no/nyheter/article4779039.ece

■パパにもっと時間ができた!
http://frihet.exblog.jp/16443970/
■ノルウェー:パパ・クオータ12週間に
http://frihet.exblog.jp/15236278/
■ほらね、パパ・クオータはうまくいった!
http://frihet.exblog.jp/13531113/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-10-28 23:59 | ノルウェー