デンマーク初の女性首相誕生

15日、デンマーク国民は、社会民主党を含む左派政党を国のかじ取り役に選んだ。

現地時間15日深夜、社会民主党、急進自由党、社会人民党による中道左派政党が89対86と保守陣営を下した。

社会民主党のヘッレ・ソーニング・シュミット(Helle Thorning-Schmidt)が勝利宣言をした。同国初の女性首相誕生となった。

デンマークは、ほぼ10年間、保守陣営に支配されていた。北欧のテレビ報道によると、ヘッレがコペンハーゲンの「人民の家Vega」に登場するやいなや歓待の嵐。「ヘッレ、ヘッレ」と、人々の目は歓喜の涙であふれていた。

メディアはスタイリッシュな彼女を「グッチ・ヘッレ」と形容していた。しかしセンスあふれる彼女の持ち味が、社会民主党のイメージまで変える気がする。連立を組む社会人民党党首は男性ヴィリー・ソウンダールVilly Søvndalで、外務大臣に就任。

■Her hylles Danmarks nye statsminister
http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7795616
[PR]
by bekokuma321 | 2011-09-16 14:10 | 北欧