自由は恐怖よりも強い

c0166264_10494149.jpg8月21日(日)、オスロ・スペクトラムで、7月22日の犠牲者を悼む追悼式が行われた。

犠牲者の近親者を中心に7000人近いの国民が参列した。スウェーデン、デンマーク、フィンランド、アイスランドの北欧諸国の首相や国会議長、そして皇室も列席した。

ハーラル5世国王は、「一人の父として、祖父として、夫として、悲しみの一部しか共有できません。国王として、あなたがたと同じ気持ちです」と言って、声を震わせ、言葉をつまらせた。

国王と首相のスピーチの中から、私の心を震わせた部分を翻訳する。自由と平等を求めて闘ってきたノルウェー社会を象徴する、力強いメッセージである。


「悲劇が起きた翌日の私の言葉をここで繰り返そうと思います。
私の確信は、自由は恐怖よりも強いということです。
私の確信は、ノルウェーの開かれた民主主義です。
私の確信は、この国には自由で安全に生きられる能力があることです。
悲劇は、私たちが多文化で多様な社会につらなっているという基本を
思い起こさせました。
この確信を大切にしましょう。
そしてともにいたわりあいましょう。
一人の個人として何を支持するのかを明確にさせましょう。
そして、私たちの住むこの社会に積極的に影響を与える機会を
生かそうではありませんか。」
(ハーラル5世国王)

「嫌悪に対しては話し合いによって立ち向かわなければなりません。
道を踏み外しそうな人を、家に招き入れましょう。
暴力に訴えようとする人とは、戦わなければなりません。
民主主義という武器を使って、立ち向かわなければなりません。
あらゆる所で。

どこに住んでいようと、どの宗教を信じていようと
私たち一人一人が責任をもち
私たち一人一人が自由を守り
いたわりと民主主義と安全で結ばれた壊れることのない鎖を一緒につなぐこと。
それが暴力から身を守るのです。」
(イェンス・ストルテンベルグ首相)

■Kongen hylles for gripende minnetale
http://www.nrk.no/nyheter/norge/1.7758111
■Statsministerens tale under minnemarkeringen
http://www.nrk.no/nyheter/norge/1.7758132
■Nasjonal minneseremoni 21.08.11
http://www.nrk.no/nett-tv/klipp/777779/(2011年9月20日まで)
[PR]
by bekokuma321 | 2011-08-22 10:58 | ノルウェー