京都教育大強姦事件

7月、京都教育大の男子学生6人が女子学生を強姦した事件に動きがあった。

事件が起きたのは2009年。当初、訴えを受けた大学側は、男子学生6人を無期停学処分にした。しかし、後に、そのうち4人が処分無効を求めて京都地裁に提訴。

7月15日の毎日新聞によると、京都地裁は、「(性的行為には)女子学生の同意があった。本件は集団準強姦事件ではない」と認定。そのうえで「男子学生の言い分を考慮せず、合理性がない」と全員の処分を無効にした。さらに1人10万円の慰謝料支払いなどを命じたという。

ここでのポイントは「女性側の同意の有無」だ。居酒屋で酒を飲まされて、6人の男性に囲まれた19歳の女性が、集団による性行為に同意した? こんなことがありうるとは考えにくい。いかにも不自然だ。

c0166264_14213911.jpg強姦やセクシャルハラスメントは密室で起きることが多い。証拠物件はなきに等しく、「やった、やらない」の応酬になる。2次被害の怖れもある。被害にあっても、きわめて訴えにくく、現状では、被害側に並々ならぬ勇気と決断力が求められる。

そんな矢先、アメリカのフェミニスト・マジョリティ・ファンデーションから私に、こんな呼びかけがきた。『強姦は強姦』キャンペーンと名づけられている。日本にも参考になりそうだ。

1)強姦の定義を改正するよう法務省にメールを出そう
2)警視庁長官にメールを出そう
3)住んでいる町の「強姦キット」を見つけ出そう
4)YouTube「いいわけはもうたくさんだ」を見よう
5)「いいわけはもうたくさんだ:強姦をやめさせよう」ビデオと行動キットを注文しよう
6)このキャンペーンを友人に知らせよう

この運動じたいは、何年も前からアメリカの女性運動団体が提唱してきたものだ。アメリカ副大統領ジョー・バイデンが、4月4日、性暴力反対全米キャンペーンのスピーチをしたことによって息をふきかえしたと考えられる。

4月、副大統領は、ニューハンプシャー大学で学生たちにスピーチをした。昨年強姦されたジェニー(匿名)の経験を次のように述べた。事件は、京都教育大学強姦事件と酷似している。

「ジェニーはパーティで飲酒していたそうです。大学から正義を求めようとした際、どんな服装をしていたか、どんなふうにダンスをしたか、彼女は正気だったか・・・と尋ねられたそうです。学生法律委員会は、『酒に酔っていたから』彼女は信用できないと言いました。強姦者はいい子で、この状況では罰するに価しないと結論づけたそうです。」

「みなさんいいですか。女性が何をしようと、どんな服装をしようと、どれだけ飲酒をしていようと、女性の同意なく触ってはいけません。そんなことをするのは、男ではない、臆病者です」


■What ISN'T rape? No More Excuses 2
http://www.youtube.com/watch?v=KLhFaimJblw
■TEST rape evidence! No More Excuses 1
http://www.youtube.com/watch?v=3DRybjsweu0
■Ms.
http://msmagazine.com/blog/blog/2011/04/06/rape-is-rape-joe-biden-channels-ms-magazine-cover/
■Joe Biden's Choice: The University Of New Hampshire's Rape Prevention Efforts
http://www.huffingtonpost.com/2011/04/21/joe-bidens-choice-rape-prevention-efforts_n_852245.html
■オバマが選んだジョゼフ・バイデン
http://frihet.exblog.jp/9565553
[PR]
by bekokuma321 | 2011-08-15 14:16 | USA