タイで初の女性首相誕生か

タイの総選挙が終わった。タクシン元首相の妹が率いるタイ貢献党Pheu Thaiが多数をとる見込みだ。株の不正疑惑に問われたタクシン元首相は、2006年、軍事クーデターで国外追放となった。

17万人の警備が装備されるなど緊迫の中で行われた今回の選挙だが、新たな民主主義への期待がこめられていると報道されている。

タイ初の女性首相となる見込みのインラック・シナワット(44 )は、ビジネスウーマン。チェンマイの大学で政治学を学び、アメリカのケンタッキー州立大学で政治学の修士を修了。夫もビジネスマン。タイ貢献党Pheu Thaiの候補者リストのナンバーワン候補である。

「私の女性性(femininity)を活かして、我が国に尽くしたい」などと語り、微笑みとおじぎキャンペーンを続けたとされる。政策はとりたてて特筆すべきものはなく、タクシン元首相同様ポピュリストのようだ。政治的経験はない。


■Thailand: Voting ends in crucial general election
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-14004755
[PR]
by bekokuma321 | 2011-07-03 18:09 | アジア・アフリカ