ストロス・カーン事件、急展開か

ニューヨークタイムズによると、前IMFトップのストロス・カーンの強姦未遂事件は、崩れる見込みが濃厚となった。

5月14日、ニューヨ―クの高級ホテルに働く移民の従業員が彼から強姦されたという事件。彼は、米国を離陸直前、飛行機内で逮捕された。後、IMFを辞職した。

このたび、従業員側の度重なる虚偽が明らかになったと報道されている。

■Strauss-Kahn Case Seen as Near Collapse
http://www.nytimes.com/2011/07/01/nyregion/strauss-kahn-case-seen-as-in-jeopardy.html?_r=2&hp
■ストロス・カーン、不逮捕特権を主張
http://frihet.exblog.jp/16481006/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-07-01 23:30 | USA