福島県いわき市の三重苦

5月31日午後、いわき市にたどりついた。ここも地震、津波、原発の三重苦にあえいでいる所だ。

今回の大震災によっていわき市で亡くなった人は300人を超え、行方不明はまだ50人もいる。橋、道路、住宅、施設など、市内全域にわたって被害にあった。余震が続き、とりわけ4月11日の余震はさらに追い打ちをかけた。

c0166264_9193147.jpg

6月1日午前8時ごろのいわき駅。登校・出勤の市民たち。マスクしている人は多くない


c0166264_9214895.jpg

いわき市の沿岸部。地震、津波による火災で、見るも無残な…


c0166264_9265226.jpg

いわき市の沿岸部にあった久之浜第一幼稚園。


いわき市議の佐藤和良は、原発問題に取り組んできた。彼は、「御用政治家、御用学者、御用マスコミ」が、この惨事を招いたと言う。「このあたり(いわき市平)では、マスコミ各支局と東電の飲み会がしょっちゅうあります」とも。

「いわき市の漁民は何も魚をとれなくなり、農民は種まきができなくなります。来年1,2月に収束するなどという東電の計画をマスコミが流しているが、ぜったいにありえません。風評被害ではなく、実害なのです」

幼いころ東京にいたという年配の女性は、こう言った。

「私が今、生きているのは集団疎開をしたからです。戦時中、私は東京から長野に疎開して生き延びました。いわき市で、雨の中、遊んでいる子どもたちを見たり、赤子連れでスーパーに買い物に来ているお母さんを見ます」

「強制的に子どもだけでも疎開させるべきです」と彼女は力説する。

東京出張から戻った人は、驚愕の体験を語った。

「先日、東京で赤十字の献血車を見て、献血したいと申し出ました。でも福島から来たと言ったら、できませんといわれました。理由は遺伝子レベルで血液が傷ついている可能性があるからということでした。今、自分の子どもが事故にあっても、福島県の親は献血できないという恐ろしい事態になっているのです」

知人の斉藤潤一(元教師)は、今、いわき市に起こっている苦しみをこう一言であらわした。

「家族崩壊です」

いわき市では、次男は東電に務め、長男は畑を耕しているーーこういう家族が多くあるからだという。

(敬称略)
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-06 10:11 | 紛争・大災害