5月17日はノルウェー憲法記念日

c0166264_1495429.jpg5月17日は、憲法記念日。ノルウェーがアイツヴォルという地で憲法を制定した1814年5月17日を記念する日だ。

毎年、この日、ノルウェー全土で、子どもたちが中心になって国旗を持ちながらパレードをして祝う。でも、その地域によってやりかたはさまざまだ。大人も子どもも、伝統的な民族衣装ブナッドを着て、パレードをすることが多い。そのブナッドは、地方によってデザインが異なる。

王宮のテラスから、国王一家、皇太子一家が手を振ってあいさつをするのも、この日。今年の注目は、7歳のイングリッド・アレキサンドラIngrid Alexandraちゃん。男女平等の王位継承権に改正され、彼女が王位継承第2番目だ。

イングリッドちゃんの他、夫妻には息子もいるが、皇太子妃の元夫との子なので王位を継承することはできない。そう、皇太子が恋した女性(現皇太子妃)は、離婚経験者で前夫との連れ子がいた。当時、メディアで大騒ぎだったが、皇太子は愛を貫き結婚した。

「おめでとう!でもなぜ?」 そんなほほえましい質問で、5月17日を報道をするのはノルウェー国営放送NRK・・・。

■Hurra! Men hvorfor?
http://www.nrk.no/magasin/17_mai/1.6605266

■Test dine bunadkunnskaper
http://www.nrk.no/magasin/17_mai/1.2441696

■Den store 17. mai-quizen
http://www.nrk.no/magasin/17_mai/1.7607289
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-18 01:40 | ノルウェー