ナディン・ゴーディマ―、南アを語る

c0166264_18514776.jpg南アフリカの作家・政治活動家ナディン・ゴーディマ―は、アパルトヘイト下でANCが非合法だった時代からANCに加わり、全身全霊を捧げて支持してきた。

そのANCを痛烈に批判するビデオをBBCが放映。BBCは、「なぜ辛辣に批判するANC内にとどまり続けるのか」と聞く。

「ANCの基本的価値はあちこちで裏切られてきている」と彼女は語る。「ANC以外の野党といっても、ちゃんとした政治的組織となっていない」。

現政権に対抗する力のある野党がないことがANCの間違いを野放しにしているとも。

ナディン・ゴーディマ―は、白人だ。南アの人種差別を断固非難し、ほろ苦いウィットに富む表現で小説やエッセーを発表してきた。1991年にはノーベル文学賞受賞。しかし、国内では彼女の作品は何度も検閲にあってきた。南アフリカ解放後の2001年にも、子どもへの推薦図書から外されるという嫌がらせを受けている。

現在、彼女は、HIV/AIDS運動に熱心にかかわる。南アにはHIV感染者が300万人もいるといわれ、解決の道筋ははるかかなただ。

87歳の女性の毅然とした姿に打たれる。と同時に、南アの政治的混沌のすさまじさを垣間見ることができる。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/hardtalk/9481410.stm
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-11 15:33 | アジア・アフリカ