ノルウェーを支える女性の闘いの歴史

4月30日、那覇市古島の教育会館にて、女性・政治スクールin沖縄
のオープニング記念講演会があった。

主催は、あい女性会議、社民党女性基金、沖教組女性部、高教組女
性部でつくる実行委員会。

c0166264_12554896.jpg
講師は、筆者三井マリ子。内容は、国連の人間の暮らしやすさ指標
で8回、首位にランクされているノルウェー、その背景には、男女
平等に根ざした政治があることを画像を通して解説した。

とりわけ、デンマーク、スウェーデン、ナチスドイツに支配されて
きた屈辱の中、違法すれすれの闘いを続けてきた人民の歴史は、
沖縄の闘いに通じるーーと強調した。


沖縄は、反米軍基地闘争や、女性の長寿日本一、離婚率も高いなど
から、女性議員の数も多いような感じを持つが先入観にすぎない。

実際は、市区長村で653議席中女性は6.6%。女性ゼロ議会は41市
町村中22もある。女性ゼロ議会が53%以上というのは、都道府県
で、もっともゼロ議会が多いと思われる(全国フェミニスト議員連盟
調査)。

元沖縄県会議員の狩俣信子さんは、「なんとしても女性ゼロ議会」
をなくさなくては、と語った。

最後に、沖縄宣言(末尾Moreをクリック)を採択して、熱気あふれる
会は終わった。

参加者は120名ほど。大ホールに集まった聴衆のほとんどは女性だ
ったが、男性の姿も。(写真は、実行委員会の皆さん)





沖 縄 宣 言 

「女性議員をもっと増やそう」

沖縄で女性が初めて参政権を行使したのは太平洋戦争が終結した1945年9月のことでした。他府県に比べて約7カ月早いことになります。そしてよく46年日本国憲法が発布され、憲法上の男女平等は謳われました。女性たちの暮らしは、私たちの曾祖母、祖母、母親の時代に比べると改善されてきました。しかし、物事の最終決定の場である「政治の場」の男女平等は改善されていません。

最新の国際調査(IPU)によると、国会(第1院)における女性議員の割合は世界188カ国中122位です。さらに深刻なのは地方議会です。地方自治体は、暮らしに直結する課題を決定する場にもかかわらず1割程度しか女性議員はいません(統一地方選前の統計)。市区長村議会には、ただの一人も女性がいない「女性ゼロ議会」が400から500あります。

ここ沖縄県の市町村議会における女性議議員は、653中43名で、6.6%にすぎません。女性ゼロ議会は、41市町村中22も存在しています。

政治は暮らしそのもの。市町村がかかえる深刻な問題の解決には女性の経験と知恵が不可欠です。要介護のお年寄りをかかえ困っている、仕事の後継者がいない、最寄りの商店街がシャッター通りになってしまった、などなど…こうした解決策を決める場である議会に、その当事者である女性があまりにも少ないのです。そういう現実を改善していくためにも、私たちは行動しなければなりません。

国連の女性差別撤廃委員会も、意思決定過程における女性の割合を増やすよう求めています。2009年の同委員会からの文書には、「政治的公的分野の女性の参画について、達成しようとする数字と年月を明示した暫定措置をとること」とあります。

ノルウェーは60年代まで、10人中9人が専業主婦の国でした。しかし女性が議会に進出し、あらゆる決定に女性の視点を入れ込み、暮らしやすい社会に変えてきました。世界一住みやすい国は、人々の知恵と工夫によって作り上げられたのです。私たちにできないはずはありません。

今日、教育福祉会館(那覇市古島)に集う私たちは、平和・平等・民主主義に根ざした社会づくりには男女平等が不可欠であることを確信し、男女平等の議会をめざして行動を起こすことを、ここに宣言します。

この沖縄から、女性議員を、とりわけ平和・平等・民主主義推進に関心を持つ女性議員を増やすためにともに頑張りましょう!
 
                  
2011年4月30日

女性・政治スクールin沖縄~オープニング記念講演会~
「世界一住みやすい国ノルウェーを支える男女平等」参加者一同



◆チラシ
http://fightback.fem.jp/20110430okinawa1.pdf

◆報道(沖縄タイムズ 20100501)
http://fightback.fem.jp/okinawatimes-110501.html
会場から「男女平等に反対する政治的勢力に対して、私たちはどうしたらいいのだろうか」という質問があった。私はナチスドイツからの弾圧に対してノルウェー人の地下運動を紹介し、闘い続けて勝つしかないと答えた。「友好的なやり方で・・・という人もいるだろうが、話してわかるような人たちではない。毅然と闘いを挑むしか方法はないと思う」と。その部分をキャッチして記事にしてくれたジャーナリストに感謝する。
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-01 09:59 | ノルウェー