自衛官、原発怖くてパニック

自衛官、原発怖くてパニック・逃走…懲戒免職
 
ニュース(4月20日 08時34分 提供元:読売新聞)によると、自衛官が自衛隊車両などを盗んで、逃走した。

そこまでは「へー」という程度だ。しかし彼はどこに派遣されていたかを知ると「なるほど無理もないなぁ」となる。

彼がいた場所は、福島県郡山駐屯地。福島第一原発への対処のためだという。

この自衛官は、前床(まえとこ)祥一郎3等陸曹(32歳)。彼の所属は、陸上自衛隊練馬駐屯地(東京都練馬区)第1特殊武器防護隊。

同駐屯地によると、前床3曹は、3月13日に郡山駐屯地に派遣された。翌14日夜に自衛隊のトラックで逃走。別の乗用車を盗んで逃走を続けた。

前床容疑者は、3月19日夕、自分で防護隊に連絡し、JR池袋駅(東京都豊島区)近くで保護され、翌日に逮捕された。同駐屯地は3月19日、逮捕、前床(まえとこ)祥一郎3等陸曹を懲戒免職にしたと発表。

前床陸曹は、「原発事故への恐怖心でパニックになり逃走した」と供述しているという。人間的な前床陸曹に、深い同情を覚えるのは、私だけではないはず・・・。

このニュースが私たちに届くまで1か月間もかかっている。それが、また驚きだ。
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-20 09:07 | 紛争・大災害