5.21「勝訴!よかった よかった 本当によかった」

5.21「勝訴!よかった よかった 本当によかった」の案内が来ましたので
はりつけます。ぜひご参加ください。

■■三井マリ子さんと共に喜び労をねぎらい、
     さらなる女性の人権と働く権利の確立を■■

3.11から1カ月経って、政府は、原発事故汚染を「レベル7」と
認めました。「館長雇止め・バックラッシュ裁判」の支援者は全
国に800人以上、被災地にも多数おられます。

復興に最も必要な精神は何かに思いをはせつつ、裁判勝利の集ま
りをお知らせします。

歴史的判決にふさわしく中身の濃い、この歴史的集いは、きっと次
なるエンパワーとなるはずです。お友だちを誘いあわせの上、お気
軽にご参加ください。

●「勝訴!よかった よかった 本当によかった」
●日時:5月21日(土)午後2時~
●場所:大阪府豊中市とよなか男女共同参画推進センター「すてっぷ」

●プログラム

①記念講演  
 浅倉むつ子「人格権とは」
(早大大学院法学部教授、目のさめるような「意見書」を提出して勝訴
 への流れを作ってくださいました)

②スピーチ
 弁護団(*)「勝訴までの6年間」
 斉加尚代「テレビ報道と女性問題」(ジャーナリスト、MBSディレクター)
 和田明子「豊中市がいう“市民との共同”の大きな嘘」(支援団)

③アトラクション
  大熊 一夫(ジャーナリスト)オペラ歌唱:モーツアルト『フィガロの結婚』
    より「もう飛ぶまいぞこの蝶々」
  浅倉むつ子(同上)ピアノ演奏:ショパン「ワルツ 作品64の2 」

(*)弁護団は、寺沢勝子、宮地光子、石田法子、島尾恵理、川西渥子、
大野町子、長岡麻寿恵、渡辺和恵の弁護士の皆皆さまです。都合により
参加できない方もいらっしゃいます。また講演等のタイトルは仮です。


【チラシ作者から一言】
地震、津波、原発事故、そして豊中市の最高裁判決へのひどい対応
……やり場のない怒りに震えつつ、明日への希望の光を描いてみま
した。チラシを添付します。ファイトバックの会HPからもダウン
ロードできます(↓)       ――ふじみつこ(デザイナー)
http://fightback.fem.jp/11-05-21_syukusyokai.html

裁判についてよくわからない方は、TVニュースを
http://www.youtube.com/watch?v=LBkvy8Wzg-4         


[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-14 09:08 | その他