女性の視点で被災者ケア 報告

エープラス 吉祥です

いつもは東京でDV被害者支援の活動をしていますが、今回は埼玉の弁護士さんからの要請で3月19日~3月31日までさいたまスーパーアリーナで主に福島県の被災女性と子どものために支援・相談活動をしてきました。

現在は、アリーナから点在してしまった県内の避難所を回ったり、都内の避難所を回って、支援物資を配ったり、相談活動や情報提供をしています。

避難所での人間関係もできてきていて、そのおかげか、ぽつぽつと少しずつですが、女性たちが国や政治や東電や東京の人間たちへの長年の怒りを語り始めました。

ご存知の方も多いと思いますが、さいたまアリーナには、地震の被害・津波の被害・原発の被害を受けた方が混在していました。避難者の間では、出身地で差別され、原発の町、大熊町や双葉町の人たちは肩身の狭い思いをして生活していました。

原発の町 双葉町は丸ごと越してきました。原発関係の仕事をしていた人も多く、アリーナでは原発の話は公然のタブーとされていたのです。

「私たちは東京の人たちの犠牲になったんだ!」「補助金補助金と、鼻先に人参ぶら下げるようなことをずっとされてきたけど、いつまでたっても私たちのところにお金なんて入ってこなかった。私たちはずっと騙されてきたんだ!」「安全安全と言われ、それをずっと信じてきたのに…」

私はアリーナに行くまで、原発のことなんて何も知りませんでした。スイッチをつければ電気はつくものだと思っていました。

私たちができることってなんだろう?
毎日それを考えています。
本当はできることなんて何にもないのかもしれません。

でも彼女たちのために何かしなくてはいけないと思います。

4月22日~24日の日程で、福島県内の避難所にも、エイボンさんが提供して下さった、女性用下着や基礎化粧品や寄付して下さった医薬品などを届けに行きたいと思っています。その他の地域にも時間とお金の許す限り、物資を届けたり、情報提供していきたいと思います。

「ここにも来てー」という要請、大歓迎です。

そのためには物資購入費やガソリン代や高速代となる活動費も必要です。是非ご協力をお願いします。

ゆうちょ銀行
10150-71567221

他行からは
ゆうちょ銀行
018店7156722
口座名義 エープラス

通信欄に「震災」と書いてください。

応援してくださっている皆様には、日々の活動を報告させていただいています。

よろしくお願いします。


2011.4.9.エープラス(吉祥真佐緒)
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-13 09:56 | 紛争・大災害