富山の近くのかた、歩きませんか

4・10 脱原発 緊急行動 in とやま
「やっぱり原発なしで暮らしたい!」

●日時: 4月10日(日) 集合10:45/集会11:00/デモ12:00~13:00

●会場: 富山駅前CICビル前

●デモコース: CICビル前・電車通り南へ・丸の内交差点を東へ・城祉公園横・城祉大通り北へ・県民会館前・CICビル前

●主催: 原子力政策の見直しを求める富山行動実行委員会
076-442-5215(ミヤザキ)

******************

私たちは街頭に出る理由があります。

3月11日以降、大地震と津波の後に起きた福島第一原子力発電所大惨事の
情報をただひたすら受け続け、疑問、心配、不安、悲壮、絶望、怒りなどに
悶々とした日々を過ごしてきました。

あれから一ヶ月になろうとしています。
今、私たちは情報の受け手から情報の発信者になるときです。

「いったい何が起きているの?」
「原発で復旧作業している人のことを思うと悲しい」
「見えない放射能におびえて暮らすのはイヤだ」
「食べ物が心配」
「富山は大丈夫なの?」
「核と人類の共存はない」
「未来の子どもたちにもうしわけない」
「私たちは何をすればいいの?」
「・・・・・」

4月10日には、あなたの今の気持ちをそのまま抱いて集まり、共有しましょう。
街を歩くことで、あなたの思いをすなおに表してください。

緊急の集会とデモですが、日本国内・世界各地の動きとつながっています。
多くの人の参加を呼びかけます。

4月7日発信

「原子力政策の見直しを求める富山行動実行委員会」

呼びかけ人(50音順):
伊藤厚志、塚本協子、中川美由紀、野上明人、藤岡彰弘、美谷克己、宮崎さゆり、山口和子
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-08 08:04 | 紛争・大災害