女性のための義捐金

女性と子どもに視点をあてて、被災者ケアの必要性を提言する、エープラスからです。

■女性のための義捐金の情報についてお問い合わせをいただいたのですが、”女性”のために義捐金を集めているところはありません。よって私たち エープラスが集めて、確実にお届けできるようにします。

ゆうちょ銀行
10150-71567221

他行からは
ゆうちょ銀行
018店7156722
口座名義 エープラス

通信欄に「震災」と書いてください。

エープラス(吉祥真佐緒)

【背景】 首都圏では次々と避難所が開設されていますが、女性支援をしているところはまだ私たちの仲間の中の有志だけです。それも「有志」ではだめ だそうで、急きょ「全国女性相談研究会」という名前を作りました。会員募集中です。

都内でも避難所が増えましたが、民間支援者はまったく入れない状況です。やっと、弁護士のみが中に入れるようになったそうです。なので、女性支援はこのもっと後になるのでしょう・・・。やっと入りこんだ埼玉で踏ん張りたいと思います。

各避難所には支援物資は溢れていますが、女性のために必要な物資や情報が少 なすぎます。生理用品については報道などで周知されてきて、支援物資として集まっていますが、基礎化粧品などはまったくありません。残念です。

”女性相談”というと、人の目もあり、相談に来られない方も多いので、ハンドマッサージブースを設けて、マッサージをしながら、聞きとりをしたり情報提供をしています。おかげさまで、開設してから大盛況、順番待ちの列が続いています。

いろいろなことが見えてきています。どのように発信すべきか悩んでいます。

毎日事例をあげてうるさく言っているので、少しずつですが改善もみられています。ただ、いまだに女性の着替えスペースはありません。毛布にくるまって女性が着替えているすぐわきをボランティアたちがゾロゾロと歩いています。

働き盛りの男性たちが時間をもてあまし、イライラし始めています。女性たちはそれにびくびくしています。ここの避難所はまだ人目がありますので大きな心配はないような気がしますが、問題はここを出た後だと思います。 (以上 3月24日 吉祥真佐緒さんより)


■関連記事女性や子連れ避難者のニーズ
[PR]
by bekokuma321 | 2011-03-24 10:43 | 紛争・大災害