世界の貧困の70%、日本の非正規の70%は女性

国際女性デーにあたって、国連女性と人口財団事務局長タマラ・クレイニンは、「世界の貧困の70%は女性であり、女性の地位向上のためにまだまだやるべきことが山積している」と指摘する。

世界の貧困の70%と、日本の非正規労働者の70%は、ともに女性である。偶然の一致ではない。これは世界の政策の光が女性にあたっていない結果を表す象徴的数字だと思う。

日本で今やるべきは、女性を非正規労働職におしこめている、家庭観・職業観を性差別の観点から見直すことだ。男性と同じ労働をしているのに、低賃金、悪条件が野放しにされている女性労働の現状を変革することだ。

国際女性デーのビデオ「女たちの声」(以下)は、さまざまな国のさまざまな立場にいる女性たちの生の声を集めていて、とてもいい。
http://www.trust.org/trustlaw/womens-rights/womens-voices/

http://www.trust.org/trustlaw/blogs/100-years-of-international-womens-day/improving-the-next-100-years-for-women/
http://www.unfoundation.org/global-issues/women-and-population/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-03-09 10:11 | その他