『ノルウェーを変えた髭のノラ』 を読んで

小さな子どもを持つヤングママが、『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店) を読み終えて、感想を送ってくれました。今の日本の女性たちの一部を代表する声だと思われます。

■『ノルウェーを変えた髭のノラ---男女平等社会はこうしてできた』 を読んで

望月 奈緒(大阪府)

子どもを通して知り合った女性が、「上の子が小学校、下の子が幼稚園に入って、家でゆっくり過ごせる自分の時間が持てるようになった。女に生れてよかったー、っておもう」と言っていました。

独身の友人は、「最低年収600万以上の男と結婚して、専業主婦したい!!」と婚活しています。

本書に登場する、ノルウェー国営放送勤務で女性運動家でもあるエルセ・ミシュレットは、「もし、女性運動がなかったら、と考えてみてください。女性たちは、経済的自立もできず、居間に静かに座って、レース編みをして夫の帰りを待つか、または、10歳からマッチ工場で働き続けなければならなかったのですよ」(p.83)といっています。

しかし日本の私の周りには、経済的に自立することもとくに考えておらず、専業主婦として家事をして、それこそレース編みでもしながら静かに毎晩家で夫の帰宅を待っていたい、現に待っている女性たち、そして妻にはそうして家で待っていてほしい男性たちがたくさんいます。

積極的に社会に出ていって、経済的に自立して、世の男性と同じように活躍しているノルウェーの女性たちがいる、その一方で、結婚して家に引っ込んで、夫の稼ぎでのんびり暮らすことを理想とする日本の女性たちがいる、こうした女性たちの考え方の違いは、いったいどこからくるのでしょうか。

さらに、それぞれの意見に賛成あるいは反対する男性の考え方の違いも、いったいどこからくるのかとこの本は私に考えさせてくれました。





今の日本は経済的には一応安定していて、「10歳からマッチ工場で働き続けなければならない」ような女性は、日本にも昔はいたのかもしれませんが、今はいません。日本よりはるかに豊かなノルウェーも同じはずです。では、なぜ日本の社会で、ノルウェーのように女性が経済的自立をめざす女性があまりいないのでしょう。

日本の社会で働く女性は、時給は低いし、ぎりぎりの人数で回すため、休みもとれない、こき使われて使い捨てされるだけです。しんどい外の仕事から帰宅しても、夫の手伝いが増えるわけでもない…それなら、わたしは子供といる時間を楽しみたい…という理由で働かないという女性が多いのだと思います。

まわりの共働きカップルを見ても、経済的な理由でいやいや働いているようです。ノルウェーのように、男性正社員でも育児時間や育児休業をとるのが普通だったり、3時か4時にみな帰宅できたり、ノルウェーやオランダみたいに、パートと正社員が同賃金同待遇とか、なら女性も外で働くと思います。

私自身社会的肩書は、専業主婦・子ども2人・資格もキャリアも知識も何も無し、といったところです。

ノルウェーでは、私のような人たちは非常に少ないようです。でも、もしいたら、男女平等社会についてどんな意見を持っているのか、聞いてみたいとおもいます。キャリアも知識も地位もある、「自信をつけたノラたち」(第4章)のお話は、たしかに格好いいし、すてきだし、うらやましいし、応援します。でも、そうやって4躍している女性にたいして私が距離を感じるのも事実です。同世代のノルウェー女性が、どうしてこんなにしっかりしているのか、なぜ政治に参加したいのか、不思議なのです。この本を読んで、働くって何だろう、社会って何だろうと考えました。

私にも責任のある仕事への憧れはありますが、そんな仕事につくことは確実に無理です。それがまず基本にあると思います。責任がある仕事に就いた経験がないから、実際に責任をとるのは怖いし、自信なんてもちろんありません。とくに社会に「進出」したいとはおもいません。家事や育児にけっこう時間がとられるので、その空いた時間に負担のない程度に働くのが今の私の希望です。そんな希望がかなえられるような社会であればいいなと思います。女性も男性も同じように、無理せず、働きたいときに働きたいだけ仕事ができるような社会はつくれないものでしょうか。

話題を変えて…本の表紙の髭の女性のポスターは、皮肉や分かりやすさ、またある種の美しさがあると思いました。三井さんがすてきなのも、おなじ意味でいいことだと思います。言いたいことを伝えるためには、とくにポスターなどは見た目のよさも大事なのではないでしょうか。ひとの目を引かないポスターでは意味がないでしょう。日本の政治関係のポスターは、不細工なものばかりで見る気も起りません。三井さんには、そのすてきさをおおいに活用してほしいです。
[PR]
by bekokuma321 | 2011-02-18 14:40 | ノルウェー