ノルウェー・ファッション

c0166264_13334323.jpg若手デザイナーの新作を披露する、ロンドンのVauxhall Fashion Scout (VFS)で、ノルウェーのカミラ・ブルエルベルグの男性ファッションが大注目された。Vogue Comのサイトも、C/Bruerbergというロゴの彼女のファッションで飾られている。

One To Watch Men (男性を見る者)と名づけられた、この男性用秋冬ファッションショーに、カミラ・ブルエルベルグが出した作品はーーー肌がすけて見えるレースや、動くとゆれるソフトで薄い素材やニットを使ったもの。いわゆる、“女性のようなファッション”だ。その斬新さに、ロンドンっ子は総立ちになったという。

NRK(ノルウェー国営放送)は、One To Watch Men をもじってOne To Watch Feminine in Men (男性に女らしさを見る者)という見出しで、ノルウェーデザイナ―を紹介する。この見出しは、男性の中にある“女らしさ”を見るデザイナーのカミラ・ブルエルベルグをさしていると思われる。

ノルウェーの知人たちを見ていると、男性と女性の境界を軽々と越えている人たちが多い。父親の家事・育児時間も驚くほど長い。日本人から見ると驚きだが、それでも女性たちは「まだ女性のほうが家事時間がずっと長い」などと言う。もちろんスポーツや趣味も男女ほぼ同じように参加し楽しむ。そのためか、ユニセックスファッションが増えている。ノルウェーの友人から私への昨年のクリスマスプレゼントもユニセックスのカバンだった。カードには「マリコ、カズオ(私のパートナー)、ふたりで使ってね」と書いてあった。

カミラの男性ファッションは、こうしたノルウェーの空気から生まれ出たモードなのだと思う。

http://www.nrk.no/kultur-og-underholdning/1.7512223
http://www.vogue.co.uk/news/daily/110210-vauxhall-fashion-scout-menswear-one.aspx
[PR]
by bekokuma321 | 2011-02-18 10:29 | ノルウェー