最高裁勝利にお祝いありがとう!

c0166264_012229.jpg
大阪府豊中市は、男女平等を進めるセンターの館長の私に、職場情報を知らせず、その一方で、「本人は辞めることを承諾している」とデマを流して、私の首を切りました。

こんな仕打ちを、高裁は「人格権の侵害」として断罪し、それを最高裁が認めたのです。陰湿で無礼な首切りは犯罪的行為と決まったのです。

この犯罪的行為の背後には、議員やその支援者らによるバックラッシュ勢力がありました。男女平等推進に反対する組織的な動きです。

訴訟に費やした7年間がこれで報われました。やっと、ぐっすり眠れます。弁護団と支援団のみなさんと抱き合いたい気分です。本当にありがとうございました。

今、私のもとには、たくさんのお祝いメールや、ハガキ、花束が寄せられています。今夜の花束は、メールで届きました(上)。

TVニュース「豊中市女性センター館長の不当解雇 三井マリ子さん最高裁で勝訴」 (MBSニュース番組をYouTubeにして下さったある方のおかげで、上の文字にマウスを置くと録画が見られます)
[PR]
by bekokuma321 | 2011-02-11 00:19 | その他