アイスランドが違法ノルウェー人に市民権

アイスランド独立党と、社会民主連合の2人の国会議員が、マリア・アメリエ(25歳)に、アイスランド市民権を与える提案をした。

アメリエは、1月12日、ノルウェーで不法在住者として逮捕され、ロシアに強制出国を命じられた。彼女は、ノルウェー市民権をもらえないまま大学を卒業し、『違法ノルウェー人』という本を出版。本はベストセラーとなった。彼女の逮捕はノルウェー国中に大きな反響を呼び、国の移民政策をゆるがす事件となった。

アイスランド独立党は、中道左派政党で現在野党。社会民主連合は、現政権を担い、首相を出している左派政党。2人の国会議員は、Árni Johnsen とSigmundur Ernir Rúnarsson。

ジョンソンは、「めずらしいことではありません。長い歴史の中で、さまざまな理由で多くの人がアイスランドの市民権を与えられてきました」

マリア・アメリエ事件について、この数週間、アルシング(アイスランド国会)で議論されており、彼は、25歳の女性に対するノルウェー政府の対応に驚いたという。

「ノルウェー人は温かい心の持ち主だが、今回、彼女が受けた仕打ちはノルウェー人的ではない。だから我々は、彼女に手を差し伸べたのです」と語る。

彼女がアイスランドの市民権を獲得すれば、合法的にノルウェーに行き来できる。ノルウェーに住み働いているアイスランド人はたくさんいる。

「アイスランド国会で議題となり、おそらく2,3週間で結論が出るでしょう」と、ジョンソンは言う。

ところで、アイスランドといえば、社会民主連合のヨハンナ・シグルザルドッティル首相は、日本でも大きく報道されたことがある。アイスランドは、選挙で選出された世界初の女性の大統領の国だが、女性の首相は彼女が同国初。しかも世界で初めて同性愛をオープンにして当選した首相。同性婚をしており、連れ合いは作家。

この、おもしろい国アイスランドを、1990年代半ばに訪問したことがある。ノルウェー取材をしていたころ、首都レイキャビク市長が「女性党」出身の女性になったと聞き、アイスランドに飛んだ。

この旅で、私は上記アイスランド精神と似通った経験をした。アイスランドに出発直前、ノルウェー空港で、パスポートを置き忘れたことに気づいた。空港の職員は「アイスランドですか? パスポートはいりませんよ」と自信ありげに言った。安心した私は機内に。アイスランド空港に降り立った。すると、入国審査官は「パスポートを見せてください」。エーッ!! 私は真っ青になった。正直にすべてを打ち明けた。しばらく考えこんで、1枚の厚手の紙を渡した。「これに必要事項を書いてください。臨時のパスポートとします」

超法規的寛大さのおかげで、私は、首都初の女性市長、同国初の女性大統領だったフィンボガドッティルなどたくさんの女性たちに取材できた。当時の取材記事は、『ママは大臣パパ育児』(明石書店)の1章にまとめた。アイスランドには頭が上がらない。

http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7482585
[PR]
by bekokuma321 | 2011-01-29 14:29 | 北欧