ターゲット・リスト

全米女性連合NOWは、アリゾナ州選出女性下院議員の襲撃に対して次のような緊急声明をだした。

「ガブリエル・ギフォーズ議員への襲撃は、我々すべてへの攻撃である。右翼よ、暴力を止めよ、憎しみを煽る発言(hate speech)を止めよ」

NOWの声明は、NOWが本事件と関わりがあると考えたエピソードとして、「ターゲット・リスト」をあげている。

「我々は、進歩的な解決を求める人たちにたちに対して、極右の反対派が見せる憎しみと暴力に満ちた文化を批判する。ギフォーズ議員の事務所は、彼女が連邦政府の健康保険改革法に賛成した後、攻撃にさらされただけでなく、サラ・ペイリン(女性副大統領候補)『ターゲット・リスト』の1つに上げられた。ギフォーズ議員は、『サラ・ポーリンが表現する方法では、我々の地域は、拳銃の的にあたる十字線上に置かれている』と述べていた」

下は、サラ・ペイリンの「タ―ゲット・リスト」である。「さあ、事を起こす時だ」「健康保険改革法案に賛成した議員はここだ」と好戦的なメッセージとともに、丸印に十字の形で、攻撃の的が20個描かれている。その1人がガブリエル・ギフォーズ議員である。



クリックするとサイズが大きくなる。彼女の氏名は左欄の上から4番目。


■サラ・ペイリンのフェイスブックhttp://www.facebook.com/notes/sarah-palin/dont-get-demoralized-get-organized-take-back-the-20/373854973434
■NOWhttp://www.now.org/
■ADL http://www.adl.org/PresRele/Mise_00/5958_00.htm
[PR]
by bekokuma321 | 2011-01-09 23:38 | USA