国の発展にはクオータ制を

イギリス国会は650議席中女性143人で22%。世界188カ国の女性国会議員率を調査したランキングでは56位(IPU)。

世界一女性議員が多い国ルワンダは憲法でクオータ制を規定している。国の発展には、男女平等と女性のエンパワーメントが不可欠であり、それにはクオータ制を法律で規定する必要があるのではないか、という議論がイギリス・ガーディアン紙上で起こっている。

ブログでGlenys Kinnockはいう。「貧困の歴史が作られるならば、差別と性の不平等に向かって闘わなければならない。なぜなら、圧倒的に貧困と暴力の影響を受けているのは女性であり、女性こそ世界の貧困層と非識字者のほとんどを占めているからだ」

現在、世界の女性国会議員率は19%にすぎず、男女が半々になるには、少なくとも今後40年はかかるという。

12月15日、インターネットTV「女性の政治参画拡大」(原麻里子のグローバル・ビレッジ)でも、クオータ先進国ノルウェーについて討論した。日本の女性国会議員率は11.3%で188カ国中120位。この国の国会が男女平等になるには、40年どころじゃない。日本の政党よ、クオータ制の実行に向けて動こう!

Why we need quotas for women MPs

◆原麻里子のグローバルビレッジ12月15日http://www.ustream.tv/recorded/11446860
(テーマ:女性の政治進出  キャスター:原麻里子  ゲスト:三井マリ子/ マレーシアのロー・インサン)
[PR]
by bekokuma321 | 2010-12-21 02:13 | ヨーロッパ