反男女平等の森田千葉県政に怒る!

c0166264_15333023.jpg11月27日、千葉市文化センターで、「元気な千葉? 千葉県の男女共同参画のゆくえ」が開かれた。

土曜の朝10時という時間帯にもかかわらず、現職県議を含め約80人が集まった。主催は千葉県の男女平等をすすめる会(代表植松礼子)。

笠井喜美代(新日本婦人の会副会長)、三井マリ子(大阪府豊中市男女共同参画推進センター初代館長)両講師は、このままなら、千葉県が、いかに世界の潮流に逆行した男女平等行政となるかを書面や映像の資料をもとに怒りをこめて報告した。

c0166264_15374590.jpgその後、すでに千葉県に対して申し入れ書などを提出した女性団体から、熱心な報告や訴えが上がった。

全国フェミニスト議員連盟の岩橋百合さんをはじめ、新日本婦人の会千葉県本部、ちば女性会議、市民ネットワーク千葉県、千葉県の男女平等をすすめる会、まつど女性会議、日本共産党千葉県議会議員団、千葉県議会女性議員有志などが、次々にマイクを握った。

c0166264_1538187.jpgいくつかあげると・・・

●堂本暁子県政時に作られた男女共同参画をすすめるための計画が、森田県政に変わり、「男女平等」という表現がなくなった。
●政策方針決定への女性参画が、前よりも格下げされた位置に落とされた。
●懇話会(審議会にあたる)のメンバーに、反男女平等を標榜する日本会議の役員が任命されている。
c0166264_1540697.jpg●第1回懇話会に参加した長谷川三千子・渡辺利夫両教授は、第2回は欠席だった。第2回では、原案のひどさを改正しようという声も多かったが、行政はそれを反映しようとしない。特定の考えの人の発言だけを取り入れるのは問題。偏向ではないか。
●女性県議として、森田知事にこの件で面談を申し込んだが、何回繰り替えしてお願いしても会おうとしなかった。
●12月から始まるパブリックコメントに、1人でも多くの千葉県民の声をあげよう。
●パブリックコメントの募集方法がインターネットだけなのは、ネットをしない人を排除しており、おかしい。
●駅頭などに立って、この異常な事態をもっと県民に知らせ、パブリクコメントに声を寄せるようめげずに運動しよう。


◆千葉県男女共同参画課のHPから

●懇話会委員名簿
http://www.pref.chiba.lg.jp/dankyou/jouhoukoukai/shingikai/danjokyoudou/index.html
●第1回懇話会議事録 ←どれだけ大変なことかが良く分かる
http://www.pref.chiba.lg.jp/dankyou/jouhoukoukai/shingikai/danjokyoudou/kaisaikekka/documents/h22-1gijiroku.pdf

◆関連記事
明日27日:女性を不元気にさせる“元気”な森田千葉県政
森田県政「元気な千葉」で千葉女性は不元気に
[PR]
by bekokuma321 | 2010-11-28 15:40 | その他