日韓暴力防止シンポジウム

性暴力は女性の尊厳を奪う犯罪だ。その根絶に向けて第一線で活躍する日韓の5人から、最新事情を聞いた。

日本同様、家父長制のクビキに苦しんできた韓国。しかし、昨今の韓国の変革の動きはすごい。韓国から、このシンポジウムのために訪日したウ・ギョンヒさん、チェ・ビョンイルさん、キム・スジョンさん3人の報告を要約する。日本政府や日本の女性運動に大きな警鐘を鳴らす内容だった。

◆ウ・ギョンヒさん(ワンストップサービス「ひまわり子どもセンター」副所長)

c0166264_16424169.jpg性暴力を受けた子どもへの総合的組織的な支援体制を、図表を駆使して説明した。ひまわり子どもセンターは、性暴力を受けた13歳未満の子どもと知的障がい者を支援する国立のセンター。ワンストップサービスとも呼ばれる。2004年、政府女性家庭省によってソウルに新設された。その後、次々に同様のセンターが増設され、今では全国10ヶ所に。ひまわり、政府女性家庭省、受託病院の3者が連携し、医療、法律、相談、行政の4領域にかかわるサービスをひとつの場所(ひまわり)で総合的に提供できるようになった。それによって警察署や病院などに連れ回されていた被害者は、あちこちに行く必要がなくなり、二次被害も減った。全国のひまわり子どもセンターは、これまで3904人の被害者を支援してきた。13歳未満の子どもたちへの性暴力犯罪は、2002年600件から2008年1220件へ103.3%も増加(韓国警察庁調べ。申告のみ)、被害者支援のさらなる充実が望まれる。

◆チェ・ビョンイルさん(安養女性ホットライン代表)

c0166264_16472481.jpg女性向け電話相談活動を通して見えてくる、韓国女性の置かれている深刻な実態が語られた。女性たちがそろって性暴力禁止法の必要を訴え、特別法制定へ。次に性暴力根絶に向けての予防教育の実態を、小中高での写真を交えて報告。韓国では、性暴力予防教育を2006年10月から法律で義務化しているという。年間10時間。低学年向けの人形劇、男の子も交え、ママごとならぬ“妊婦ごと”をして遊びながら学ぶ性教育など、学校現場の写真の数々は説得力満点だった。しかし、学校長の考え次第で教育内容に差が出たり、性教育・性暴力予防教育を女性の人権から語れる教師不足など、問題は山積。女性ホットラインは、あきらめず改善に向け運動を続けている。

◆キム・スジョンさん(富川女性ホットライン代表)

c0166264_164439.jpg妻への強かんの有罪化運動を、韓国の歴史や国際的流れを含め、情熱をこめて語った。2009年釜山地裁で、「強かん罪の保護対象は貞操ではなく女性の性的自己決定権である。よって妻への強かんも有罪」という画期的判決が出た。その影には、韓国女性ホットラインの長年の活動、妻への性的暴力は強姦だという確信に基づいた粘り強いロビー活動、暴力夫を殺害せざるをえなかったAさん事件の支援を通じて湧き起こった世論喚起やキャンペーン運動があったという。「闘いなしに女性の解放はありえない」――キム・スジョンさんのメッセージだ。

日本からは、Sachicoという名のワンストップサービスを立ち上げた高見陽子さん、ウィメンズカウンセリング京都の井上麻耶子さんの報告があった。とくにSachico(サチコ 性暴力救援センター・大阪)は注目される。

司会は全国フェミニスト議員連盟の岡田けい子(元大津市議)さん、木村民子(元文京区議)さん。力強くわかりやすい通訳はヤン・チンジャ(翻訳家)さん。

10月31日(日)午後、大阪ドーンセンター。「日韓暴力防止シンポジウム」。主催は同実行委員会。写真(↓)は、性暴力防止の韓国の現状をメモをとりながら聞く100人以上の参加者

c0166264_16533973.jpg



参考サイト

韓国
■韓国女性ホットラインhttp://eng.hotline.or.kr/aboutus.php
■韓国政府女性家庭省http://english.mogef.go.kr/index.jsp
■「韓国 国連女性の地位委員会へ報告書」
http://www.szmm.gov.hu/download.php?ctag=download&docID=14435

日本
NPO法人女性ネットさやさや  (荒川区にあるDV被害者支援組織。代表は松本和子さん。上記国際シンポを立案し補助金を獲得するなど終始縁の下の力持ちとして動いた立役者)
さくらんぼ女性サポートルーム
WAM女たちの戦争と平和資料館
全国フェミニスト議員連盟
Purple eyes(11月7日「歩こうよ。むらさきロード」パレードを呼びかける)
ウィメンズネット・こうべ
■関連記事「DV防止法8年、まだまだ遅れてる日本の政策」http://janjan.voicejapan.org/living/0906/0906014350/1.php
[PR]
by bekokuma321 | 2010-11-03 04:14 | アジア・アフリカ