取締役革命、いまだならず

ノルウェーでは、会社の取締役会にも、女性は40%以上いなければならない。

2008年1月、会社法の改正により、「取締役クオータ制」の実行を義務づけられているからだ。違反すると、改善命令書が送られ、それに従わなければ、会社は閉鎖となる。

米誌タイムズが、「取締役革命」と名づけたノルウェー経済界のクオータ制である。

しかし、今週号のLedelse Ukeavisenによれば、女性を40%に増やせない会社が数多くあるという。

実は、取締役クオータ制を義務づけられるのは、ASAという大手の会社であり、中小企業にあたるASは、この義務を免れる。そこで、違法会社とされ閉鎖に追い込まれないように、ASAに登録された会社がASに変わることを選んでいるというのだ。

経済界にクオータ制を浸透させるには、まだまだ紆余曲折がありそうだ。


■「取締役クオータ」についての日本語文献
「経済界に女性ラッシュ」(三井著『ノルウェーを変えた髭のノラ』p152-p172)
『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店)

http://www.ukeavisenledelse.no/nyheter/samfunn/article98192.zrm

■TIMES
http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1982304,00.html
[PR]
by bekokuma321 | 2010-10-15 11:51 | ノルウェー